<日本生命セ・パ交流戦:日本ハム2-2広島>◇13日◇札幌ドーム

日本ハム7人目の玉井大翔投手が決死の投球を見せた。1-1の延長10回無死満塁の大ピンチでマウンドへ送り出された右腕は、2者連続三ゴロ。2死後、4番鈴木にはフルカウントから押し出し四球を与え勝ち越しを許したが「抜け球だったけど、勝負にいった。自分の中では、攻められた」。絶体絶命の場面を最少失点でしのいだことが、結果的には引き分けにつながった。