<日本生命セ・パ交流戦:ソフトバンク3-0阪神>◇13日◇ヤフオクドーム

ソフトバンク大竹耕太郎投手(23)がチームの連敗を止めた。「日本生命セ・パ交流戦」の阪神3回戦(ヤフオクドーム)は、高橋遥との同学年左腕の投げ合い。高橋遥にも教えた自慢のチェンジアップがさえ、8回2安打4奪三振で無失点。自身4勝目を挙げ、引き分けを挟んで2連敗していたチームを救い、日本ハムとの交流戦同率首位に押し上げた。

   ◇   ◇   ◇

大竹は最後まで涼しい顔のままだった。8回2死一塁で、北條をチェンジアップで右飛に打ち取り、8個目の0を並べた。我慢を続けていた7回にグラシアルの3ランで先制点をプレゼントされ、投手戦を制した。自身3連勝で今季4勝目を挙げた。

阪神高橋遥との投げ合いにも燃えた。早大出身の大竹にとって、亜大出身の高橋遥は同じ関東の大学同学年で切磋琢磨(せっさたくま)し合った仲だ。6回までは両者1安打投球。「球も速いし、カットボールは何回も見たくなる」と好敵手の投球に舌を巻きながらの我慢比べだった。

今回福岡で再会し、リクエストに応え、投げ方を教えた得意のチェンジアップがさえた。「自分の持ち味は緩急。ストレートを速く見せるために、チェンジアップを多投しました」。高橋遥からはLINEでカットボールの極意を「曲げようとせず、強い球を投げる意識」と教わった。この日、試合中に1球投げてみたが「まねしたんですけど、曲がらなかった。136キロの直球になりました」と苦笑いする余裕も見せた。

球数はプロ最多116球。それでも「9回行けと言われたら、行ける感じでした」。長い回を投げるための準備が実を結びつつある。「無駄なエネルギーを使わないように」と試合当日のブルペン、そしてベンチ前でのキャッチボールの球数を減らそうと努めている。この日は先発投手では少なめの20数球。「多く投げても改善するのは気持ちだけ。究極は0球」と試合に注力する道を模索中だ。育成時代からノートに付けていた日記を、今年3月からは携帯アプリに変えた。スライダーの握りなど画像も付けやすくなり、成長の支えになっている。

息詰まる投手戦に工藤監督も「僕もピッチャーだったので、ドキドキしながら見ていました。大竹くんは持ち味を出してくれた」。カード負け越しを阻止した孝行息子をたたえた。【山本大地】