6月13日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天対東京ヤクルトの「日本生命セ・パ交流戦」、3回戦は11対3で東京ヤクルトが勝利した。敗れた楽天は同一カード3連勝とはならなかった。

 試合序盤は、投手戦の様相を呈し、3回まで終わって両者ともに無得点。試合が動いたのは4回表。楽天先発・石橋良太投手は1アウトを取るも、雄平選手に2ランを浴び、2点の先制を許してしまう。

 首位を固めたい楽天はこのままでは終われない。東京ヤクルト先発・小川泰弘の前に攻めあぐね、4回まで無得点に終わっていたが、5回裏、安打や四球で2死ながらも満塁のチャンスを作る。すると島内宏明選手が初球から積極的にスイング。打球はライト前に運ばれ、同点の2点タイムリーとなった。さらにチャンスは続き、またも満塁でブラッシュ選手が押し出し四球を選び、3対2と勝ち越しに成功する。

 しかし、8回表、3番手・青山浩二投手が2死3塁のピンチを招くとまさかの暴投。同点の走者を返してしまい、スコアは3対3。なおも代わった高梨雄平投手が満塁とされると、中村悠平選手に2点適時二塁打を浴び、2点の勝ち越しを許す。さらに9回には打者一巡の猛攻を受け、6点を失った楽天。11対3で試合終了となった。

 楽天はリードを奪うものの、中継ぎ陣が精彩を欠き、逆転を許した。打線もそのまま東京ヤクルトの中継ぎ陣の前に流れを変える一打が出ず、首位固めへ暗雲が立ち込める敗戦となった。なお、9回裏、太田光選手にプロ初安打が飛び出した。 文・鈴木海斗