6月13日、札幌ドームで行われた北海道日本ハム対広島の「日本生命セ・パ交流戦」の3回戦は2対2の引き分けに終わった。

 初回、北海道日本ハム先発の加藤貴之選手は広島の1番・長野久義選手の三塁打でピンチを招くと、直後の菊池涼介選手に適時打を許し、あっさりと先制を許す。しかしこのカード2連勝中の北海道日本ハムは反撃に出る。2回裏、安打や四球、犠打で1死2,3塁の好機を作ると、横尾俊建選手がきっちり犠飛を放ち、同点とする。

 北海道日本ハムの先発・加藤貴之投手は2回以降は立ち直り、5回でマウンドを降りた。ここから浦野博司投手、宮西尚生投手、井口和朋投手、石川直也投手がそれぞれ1イニングを危なげなく抑え、味方の反撃を待つ。一方の打線は、同様に6回から継投に入った広島の中継ぎ陣をなかなか打ち崩せず、試合は1対1で延長戦に突入する。

 延長の10回表、公文克彦投手が無死満塁の大ピンチを招く。ここで代わってマウンドに上がるのは玉井大翔投手。2番・菊池涼介選手と3番・バティスタを三ゴロに打ち取り、2死とする。しかし4番・鈴木誠也選手に痛恨の四球を与えてしまい、1点の勝ち越しを許す。

 このままで終われない北海道日本ハム。10回裏、先頭の西川遥輝が二塁打を放ち、チャンスを呼び込む。すると3番・王柏融選手が値千金の適時打を放ち、同点とする。試合はそのまま最終回の12回に突入した。北海道日本ハムは2死1,2塁とするも、後続が倒れ引き分けで試合終了。

 引き分けに終わり、同一カード3連勝とはならなかった北海道日本ハム。投手陣が踏ん張るも、打線にあと一本が出ず、引き分けとなった。 文・鈴木海斗