◆日本生命セ・パ交流戦 ソフトバンク3―0阪神(13日・ヤフオクD)

 序盤から息の詰まる投手戦が展開された。亜大出身の阪神・高橋遥、早大出身のソフトバンク・大竹は同じ23歳で同じ左腕。プロ入り前から親交のある2人。高橋遥は「大学の時もそうでしたけど、プロの成績は向こうの方が上。負けたくない」と意識。大竹も「同学年だし仲が良い。多少は意識しますし、負けられない」と話していた。

 初回。大竹は2死から糸井に四球を与えるも大山を三ゴロ。高橋遥は2回2死から亜大の先輩・松田宣に投手内野安打を許したが、続く塚田を中飛に打ち取った。大竹がチェンジアップ、100キロ台のカーブなどで緩急をつけた投球を見せるのに対し、高橋遥は最速151キロの直球を軸に強気に押した。

 3回。阪神は先頭の高山が2試合ぶりの安打となる中前打で出塁。北條が送り、1死二塁としたが、近本が二ゴロ、糸原は遊飛に倒れた。ソフトバンクは4回1死から内川が11球目を選んで四球としたが、4番・デスパイネが遊ゴロ併殺打で無得点に終わった。

 タイプの違う両左腕の好投が続き、6回終了時点で互いに1安打の投手戦。しかし、7回に試合が動く。ソフトバンクは今宮、内川の連打で無死一、二塁のチャンスを作ると、1死後、グラシアルが左翼ポール際へ先制の14号3ラン。ベンチで笑顔の大竹とは対照的にマウンド上の高橋遥は両手を膝につき、がっくりとうなだれた。

 高橋遥の失点はこの被弾の3点だけ。7回5安打3失点と好投したが、援護なく今季初黒星。大竹は8回2安打無失点の快投で4勝目を挙げた。