「交流戦、日本ハム-広島」(13日、札幌ドーム)

 日本ハムが延長十回、王柏融の適時打で同点に追いついた。

 1-1で迎えた延長十回、無死満塁から登板した玉井が2者を打ち取ったものの、鈴木に押し出し四球を出し、1点を勝ち越された。

 1点を追う攻撃で先頭の西川が広島の5番手・フランスアから二塁打で出ると、大田の右飛で三塁へ進む。ここで3番・王柏融が左越えに適時二塁打を放ち同点に追いついた。

 しかし、4番・中田が敬遠で歩かされた後のサヨナラ機は生かせず試合は2-2で延長十一回に突入した。