「交流戦、西武2-8巨人」(13日、メットライフドーム)

 巨人・炭谷銀仁朗捕手が試合の流れを決定づける3号3ランを放ち、2試合連続の大勝を導いた。FA移籍で今季巨人入りするまで13年間プレーした古巣の本拠地で、お立ち台に上がった。

 炭谷は1点リードの四回2死二、三塁で炭谷が西武・郭の初球のストレートを狙い打ち。痛烈な打球を左翼スタンドに突き刺した。

 数々の思い出の詰まったメットライフドームのお立ち台にビジターチームの選手として上がった炭谷は「2アウトだったので何とか追加点が欲しいと思っていました。うまく打てました」と3ランを振り返った。

 捕手としても先発の桜井を7回4安打1失点と好リード。「前回もですが、非常にきっちり投げてくれてリードは楽でした。ナイスピッチングだったと思います」と4年目右腕をたたえた。

 前夜から打席に立つたびに拍手のあったかつての本拠地。ここで西武を相手に戦った心境を問われると「いいところを見せることができて良かったと思います」と、かみしめるように答えた。ここでもスタンドからは拍手が起こった。

 西武戦は2勝1敗で勝ち越し。「毎年交流戦で勢いが出たり、失速したりする。交流戦でもちろん優勝を目指し、勢いをつけてシーズンに戻っても頑張りたい」。さらなる活躍を誓った。