「交流戦、日本ハム-広島」(13日、札幌ドーム)

 広島が延長十回、2死満塁で鈴木誠也が押し出しの四球を選び、勝ち越しの1点をもぎ取った。

 1-1でもつれこんだ延長十回。先頭の小窪が二塁打を放つと、田中広のバントが失策を誘い、無死一、三塁に。田中広が二盗を決めたため、1番長野は敬遠となり満塁になった。

 ここで日本ハムは公文から玉井に投手を交代。菊池涼、バティスタと打ち取られたが、鈴木はフルカウントから四球を選び、勝ち越しに成功した。