「全日本大学野球選手権・準々決勝、東海大4-3大商大」(13日、神宮球場)

 今秋ドラフト候補の大商大・大西広樹投手(4年・大商大高)は、5回2/3を投げ9安打4失点。無念の途中降板となった。

 1点リードで迎えた六回、「いつもより球が浮いていた」と先頭に同点本塁打を浴びた。その後も1点追加され、立て直すことができなかった。

 試合後、「完全に自分の力不足です。また一からやっていきたい」と反省を口にした。