「全日本大学選手権・準々決勝、仏教大4-3東北福祉大」(13日、神宮球場)

 仏教大がサヨナラ勝ちで初の4強入りを決めた。

 八回に同点とし、迎えた最終回。1死二、三塁の場面で、4番の石井太尊(4年・玉野光南)に田原完行監督(59)は迷わず“スクイズ”のサインを出した。石井は浮いた球を上手く捉え、三塁走者をホームにかえした(記録は安打)。

 「心の準備はできていた。バントは昔から得意なので」と振り返った石井。今季は、打ちたい気持ちが先走り結果を残せていなかったが、前日は相手を突き放す本塁打を放ち、自信を取り戻しつつある。「次も、自分のスイングをします」と意気込んだ。