◆日本生命セ・パ交流戦 楽天―ヤクルト(13日・楽天生命パーク)

 リーグ2位の19ホールドをマークしている楽天・宋家豪投手(26)が13日、出場選手登録を抹消された。ここまで31試合に登板するなど開幕からフル回転してきたが、前日(12日)は3四球で招いた満塁のピンチで2点適時打を浴びるなど、6月は5登板で5失点。疲れの色が見えていた。平石監督は「1回、リフレッシュというか疲労を取ってもらいたい」と説明。代わりに、こちらも疲労による不調で2軍落ちしていた本来のセットアッパー、ハーマンがちょうど1か月ぶりに再昇格。この1か月で9ホールドのブセニッツを含めた中継ぎ助っ人3人を巧みに使い回す形で、手厚いブルペン陣をキープしていく。