広島の薮田和樹投手(26)が13日、今季終了まで1軍で完全燃焼すると誓った。12日に今季初めて1軍昇格。「このチャンスをしっかりつかんで(シーズンの)最後まで戦い続けたい」と語気を強めた。

 今年は沖縄キャンプの途中から2軍行きを命じられ、オープン戦の登板もなかった。しかしファームではウエスタン・リーグ2位タイ(12日現在)の4勝を挙げ、防御率3・53。「手応えはだんだん良くなってます。おととしは数字も良かった(1軍で15勝3敗)。そこの感覚に戻ることを目指してやってます」と、直球の質を“2017年仕様”に復活させることを念頭に調整してきた。

 佐々岡真司投手コーチ(51)は「日曜日を見てね」と9日のウエスタン・リーグ阪神戦(淡路)での6回無失点の好投で昇格を決断したと明かした。まずは中継ぎで登板を機会を与えることになりそうだ。