「交流戦、日本ハム-広島」(13日、札幌ドーム)

 12日の広島戦(同)でプロ初登板初先発を白星で飾った日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)=金足農=のもとに祝福の連絡が約100件届いた。

 当日、球場に応援するために駆けつけた金足農野球部の元チームメートから「しびれた」などお祝いの連絡が相次いだ。「うれしかったです」と頰を緩めた。前夜の登板後は「メッセージを返すのに追われました」と苦笑したが、表情には充実感がにじんだ。

 この日は1軍の試合前練習に参加。デビュー戦を振り返り「最近の中では一番、いいストレートを投げられた」と自信は深まった様子。新人右腕は、今後に向けて「試合に合わせて、ちゃんと調整できれば」と表情を引き締めていた。