阪神球団を傘下に収める阪急阪神ホールディングス(HD)の株主総会が13日、大阪市内で3510人を集めて行われた。矢野監督初年度でゲーム差なしの2位につける好調ぶりから、チームへの厳しい意見はなし。「甲子園でいか焼きを売ってほしい」といった珍要求から、ドラフト戦略への苦言など、株主からは様々な意見が出た。

 ある男性株主は、「甲子園でいか焼きを販売してほしい」と珍要求。さらには「焼き鳥の味が濃いのはビールを飲ませる作戦か」「(テレビ中継を)サンテレビで全部中継して欲しい」と立て続けに質問し、阪神球団側もタジタジだった。

 また、50年来の阪神ファンで、始発の新幹線に乗って出席したという男性は「この50年間でわずか3度の優勝しかできていない最大の理由は、ドラフトが下手。ドラフト2位、3位の上位を改善していかないといけない」と苦言。「原因を究明して、解決していただきたい」の意見に、会場からは拍手も起きていた。