阪神タイガースの親会社の阪急阪神ホールディングスの株主総会が13日に大阪市内で開かれ、近年のドラフト戦略について物申された。男性株主が「不思議な指名が毎年、繰り返されている。回転ずしで大トロやウニの皿があるのにタコやイカの皿から持って行っている。2位、3位は2年目までに1軍で活躍する選手をとらないとダメ。長い目で見て他球団と差がついてくる。なぜ、このようなドラフトを続けているのか」と質問した。

阪神は昨秋ドラフトで1位に近本光司外野手(24=大阪ガス)、2位に小幡竜平内野手(18=延岡学園)を指名していた。阪神電鉄の百北幸司常務取締役(スポーツ・エンタテインメント事業本部長)は「編成戦略に合致した選手を監督、球団本部長が考えてとりにいきます。今シーズンに関しましては守る野球、センターラインを重視した野球です」と説明した。チームは33勝27敗3分けの3位で首位広島に1・5ゲーム差につけるなど健闘するが、思わぬ形でかみつかれた。