「全日本大学野球選手権・準々決勝、明大3-0東洋大」(13日、神宮球場)

 明大が東洋大に快勝し、準決勝進出を一番乗りで決めた。今秋ドラフト上位候補の森下暢仁投手(4年・大分商)が、「うまく投げ切れたかな」と108球で7安打完封。打線も4番の北本一樹内野手(4年・二松学舎大付)が2本の適時打を放ち、エースをもり立てた。

 大学に入って初めての全国舞台でのマウンドで、森下が快投を演じた。長身から投げ下ろされる直球とスローカーブを織り交ぜて緩急自在。最大のピンチとなった六回1死一、二塁の場面では、それまで2安打をされていた3番・山田を中飛、続く今秋ドラフト候補の4番・佐藤をこの日最速となる152キロで力ない三邪飛に仕留めた。

 九回にも150キロをマークするなど球威は衰えなかった。「何とかリーグ戦では全然できなかった完封ができたのでよかった」と、以前まで目立っていた終盤での弱さも克服。たくましくなった右腕が、38年ぶり頂点をぐっと引き寄せた。