「交流戦、ソフトバンク2-8阪神」(12日、ヤフオクドーム)

 三塁ベンチ前でキャッチボールをしていた阪神・青柳は、激しく手を叩いて放物線を眺めた。女房役の梅野が放った逆転2ラン。味方の大量援護に「これだけ打ってもらったので、勝たせてもらった」と控えめに笑った。自身の快投より、仲間を称えるところが青柳らしい。7回4安打2失点(自責1)と文句なしの“タカ狩り”で、キャリアハイとなる5勝目をつかんだ。

 味方が逆転に成功した直後の四回は、先頭のソフトバンク・グラシアルを右前打で出したが、デスパイネを内角ツーシームで空振り三振。続く松田宣を三ゴロ併殺に打ち取り、無失点で切り抜けた。連打はなく、出塁を許した次の打者は必ずアウトにした。「ランナーを出しても一人一人と思っていた」。相手に流れが傾きかける状況をことごとく寸断し、試合を支配した。

 変化球の精度が良くなかった登板後には、傾斜を使わず平地で行う投球練習、通称“タッチアンドフィール”を取り入れる。「平地の方が、体の使い方が簡単ということもある。距離を取ってラインを出す、というイメージのために」と意図を明かす。長丁場のシーズンを戦い抜くため、自身の状態を見極めながら、日々練習に取り組んでいる。

 この日際立ったのは右打者への制球力。「全体的に制球良くいけた」と随所で内角を突き、最後は外角スライダーで三振を奪うパターン。六回は福田に被弾したが「引きずらなかったのが良かった」と傷口を最小限に食い止めた。矢野監督も「ピッチング内容も勝ちも付いたので、素晴らしかった」と手放しで賛辞を贈った。

 前夜、チームは九回2死から同点に追いつかれてドロー。何としても取りたかった一戦で、5勝目を挙げた若き右腕の存在感は、日に日に高まっている。