「エンゼルス5-3ドジャース」(11日、アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)がドジャース戦に「3番・指名打者」でフル出場。相手先発の前田健太投手(31)から先制の7号ソロを放つなど、2安打1打点と活躍した。今季初盗塁も決めた。前田は4回1/3を2本塁打を含む3安打5失点、4奪三振4四死球で、3敗目を喫した。

 前田は初回2死走者なしから5失点。きっかけは大谷の一発だった。フルカウントから投じたスライダーが高めに浮いた。

 「前回の対戦で投げてないボールを選択してしまったというか、ちょっと裏をかこうとしすぎた」

 後続に死球、四球で2走者をためてしまい、6番グッドウィンに中前適時打。さらに、この日マイナーからメジャーに再昇格したばかりのボアに中越え3ランを浴びた。

 二回以降は立ち直ったものの、初回の5失点が重くのしかかった。昨年7月6日以来の対戦となった大谷については「今日対戦したラインアップの中ではトラウト選手と翔平というのはすごく特別なバッターだと思います」と、MVP2回の主砲と並べて最大級の賛辞を贈った。