プロ野球・日本ハムの吉田輝星投手(18)が12日、札幌ドームの広島戦でプロ初登板し、初勝利を飾った。スタンドを埋めた大勢のファンの前で、5回1失点と堂々の投球を見せた。昨夏の甲子園を沸かせた「秋田の星」の晴れ舞台を見守ろうと、秋田市内ではパブリックビューイングが行われた。

■「県民の期待 応えてくれた」

 吉田投手は初回、いきなり安打と四球で走者を背負った。それでも広島の打者から三振を奪うと、スタンドのファンから、「おおー」と歓声が上がった。