<日本生命セ・パ交流戦:楽天7-4ヤクルト>◇12日◇楽天生命パーク

楽天のドラフト1位ルーキー辰己涼介外野手(22)が、スーパープレーでベテランの今季初勝利をアシストした。

1点リードの5回、先頭のヤクルト山田哲が放った右中間への打球をダイビングキャッチ。「走りながら、タイミング的に飛び込んでギリギリかなと思った。風で押し戻されるような感じだったので、あれは正解なプレーだったと思います」とうなずいた。

今季初登板でイニングをまたいでいたマウンドの久保が「辰己がよく捕ってくれた」と感謝し、平石監督も「あれは大きい。ビッグプレーです。辰己は打つだけじゃなく、守備がある」と絶賛した好守。本人は「バットで援護できていない分、守備で援護できてよかった」と冷静に言った。