6月12日、京セラドーム大阪で行われたオリックス対中日の「日本生命セ・パ交流戦」第2回戦は、2対6でオリックスが敗戦。前日に続き、終盤に勝ち越しを許す展開でカード負け越しが決定してしまった。

 オリックス先発・竹安大知投手は、阪神からの移籍後初先発。初回からランナーを背負う投球で、1回は無失点で切り抜けたものの、2回表、2死から8番・京田陽太選手、9番・加藤匠馬選手に連打を浴びて1点を失ってしまう。

 竹安投手を助けたいオリックスは3回裏、先頭の8番・大城滉二選手が中日の先発・大野雄大投手から二塁打で出塁すると、1番・佐野皓大選手が「インコースのボールに上手く反応することができました」と言う適時二塁打。さらに2番・福田周平選手にも、「しっかりと自分のスイングができた」と適時打が飛び出し逆転に成功する。

 援護をもらった竹安投手は5回に1点を失い同点とされてしまうが、リードは許さず。6回途中、無死1,2塁としたところでマウンドを後続に託した。この1点を争う大事な場面で登板した海田智行投手は併殺と三振を奪い、無失点で切り抜ける完璧なリリーフを見せた。

 しかし、同点で迎えた8回表、オリックス3番手・近藤大亮投手が崩れた。死球とヒットで1死満塁のピンチを招くと、京田選手のタイムリーで勝ち越される。さらに井領雅貴選手のタイムリースリーベースで一挙3点を失い、4点ものリードを許してしまった。

 最終回も反撃ならず、オリックス対中日の第2回戦は2対6でオリックスが敗戦。移籍後初先発となった竹安投手は6回途中2失点で勝ち負けつかず。打線は中日投手陣の前に得点を重ねられず、同点のまま迎えた終盤に勝ち越しを許し、カード負け越しが決まった。 文・丹羽海凪