6月12日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天と東京ヤクルトの「日本生命セ・パ交流戦」第2回戦は、 7対4で楽天が快勝。先発の熊原健人投手が4回途中で降板するも、7投手の継投で逃げ切った。打線は9安打7得点と効果的に得点を重ねた。

 楽天の先発は、横浜DeNAから移籍後初の先発となる熊原健人投手だった。初回、満塁のピンチを招くものの、無失点で切り抜ける。すると打線がその裏、犠飛で1点を先制した。

 さらに楽天は3回裏、東京ヤクルトの館山昌平投手から2安打と四球で満塁とすると、ウィーラー選手が変化球をはじき返し、レフト前へ。2人が生還し、スコアを3対0とした。

 援護をもらった熊原投手だったが、4回表に村上宗隆選手に2ランを浴び、1点差に詰め寄られてしまう。さらにピンチを招いた場面で降板し、4回途中2失点で移籍後初勝利はお預けとなった。後を受けた今季初登板の久保裕也投手は後続を抑え、同点は許さなかった。

 

 1点差で迎えた6回裏、楽天打線が試合を決めにかかる。四球と敵失で1死1,3塁とすると、茂木栄五郎選手が外角の変化球を引っ張り、しぶとく一二塁線を破る適時打に。さらに島内宏明選手の二塁打とブラッシュ選手の犠飛で2点を加え、6対2と大きくリードを広げた。

 7回裏にも1点を加えた楽天は、8回表、宋家豪投手を送り込み、逃げ切りを図る。しかし制球が定まらず3四球を与え満塁とし、代打・荒木貴裕選手の適時打で2点を返された。なおも1,3塁のピンチは続いたが、代わった6番手・高梨雄平投手がさらなる反撃を抑え込んだ。

 3点リードで迎えた9回は松井裕樹投手が無失点に抑え、試合は7対4で楽天が勝利した。2番手で登板した久保投手が今季初勝利。打線は初回に先制すると、1点差に詰め寄られた中盤以降も加点し主導権を譲らなかった。 文・沼田悟