<日本生命セ・パ交流戦:オリックス2-6中日>◇12日◇京セラドーム大阪

先発はオリックス竹安、中日大野雄。中日は2回、加藤のタイムリーで先制。オリックスは3回、佐野、福田の連続適時打で逆転。

中日は5回、1死三塁から大島が左前適時打を放ち同点に追いついた。オリックス竹安は6回途中8安打2失点で降板した。

中日は8回、京田、井領のタイムリーで4点勝ち越しに成功し、そのまま逃げ切り連勝。大野雄大が4勝目。オリックスは3連敗となった。3番手近藤が4敗目。