6月12日、メットライフドームで行われた埼玉西武対巨人の「日本生命セ・パ交流戦」第2回戦は、4対9で埼玉西武が敗れた。初回から点を失うなど投手陣が苦しい内容で、上位争いへ一歩遅れを取る形となった。

 埼玉西武は序盤から苦しい流れとなる。先発・十亀剣投手は立ち上がりの1回表、巨人の亀井善行選手に先頭打者ホームランを浴び先制を許す。さらに、3回表にも巨人の4番・岡本和真選手にタイムリーを浴び、2点を失ってしまった。

 何とか反撃したい埼玉西武は3回裏、巨人の先発・田口麗斗投手からチャンスを作る。2死から安打や四球などで満塁とすると、この場面で4番・山川穂高選手が三塁線を破る走者一掃のタイムリーツーベースを放ち、一気に逆転に成功した。

 しかし、逆転してもらった直後の大事な4回表、十亀投手は踏ん張れなかった。先頭から連打を浴び、無死2,3塁のピンチを背負う。ここで、移籍後初の対決となった元チームメイト・炭谷銀仁朗選手、さらに丸選手にもタイムリーを打たれ、5対3と再び2点のリードを奪われてしまう。

 流れを渡したくない埼玉西武は4回裏、再び2死から9番・愛斗選手のヒットをきっかけに連打で2死1,3塁のチャンスを演出。この好機で2番・源田壮亮選手の当たりはショートへの内野安打となり、1点差に迫る。源田選手は「2アウトからつないで点になって良かったです」と胸をなで下ろした。

 ところが、その後は5回から登板した巨人の高木京介投手の前に手も足も出ず、3イニングを無失点に抑えられてしまう。その中で8回表、一挙4点を取られ、試合の流れは完全に巨人のものとなった。この4点が重くのしかかり、反撃が叶わぬまま試合終了。

 埼玉西武対巨人の第2回戦は、9対4で埼玉西武が敗戦。先発した十亀投手は7回5失点と苦しい内容。さらに終盤、ダメ押しの4点を取られ、頼りの打線も巨人リリーフ陣の前に抑え込まれ、上位争いへ痛い敗戦となってしまった。 文・丹羽海凪