「交流戦、日本ハム2-1広島」(12日、札幌ドーム)

 広島は打線が沈黙。交流戦の最下位から抜け出せず、2連敗となった。

 屈辱を味わった。ドラフト1位・吉田輝星投手に対し、初回1死満塁の絶好機で無得点。二回に長野が同点の適時打を放ったが、黄金ルーキーの初勝利を期待する敵地の雰囲気に飲み込まれるように、三回以降も右腕の直球を仕留めきれず。5回1失点の好投を許した。

 1点を九回は2死一、二塁の好機で会沢の放った打球は三遊間へ。だが、三塁手平沼の攻守に阻まれ、試合終了となった。

 先発の大瀬良は8回8安打2失点の力投も報われず。エースで痛い星を落とした。