「交流戦、日本ハム2-1広島」(12日、札幌ドーム)

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)=金足農=がプロ初登板初先発で、5回を4安打1失点。デビュー戦をプロ初勝利で飾った。高卒新人の初登板初勝利は2015年の楽天・安楽智大以来、19人目。

 最速は147キロ。昨夏の甲子園で連発した150キロ超の剛速球はなかったが、らしさ全開のデビュー戦となった。

 満員の本拠地で大歓声を背にマウンドへ。「初めての1軍マウンドで、試合開始から雰囲気は違うなと思いました。それでも、緊張はあまりせずに、初回から投げられました」と右腕。初回は長野の右前打に2四球も与え、1死満塁の大ピンチを背負った。だが、持ち前の度胸を発揮。続く西川を3球すべて直球で空振り三振。磯村は緩いカーブでタイミングを外し、三ゴロに打ち取った。

 二回は2死一塁から長野に左中間へ同点の適時二塁打を浴びた。だが、表情ひとつ変えず。2死二塁で菊池涼を遊ゴロに仕留めて最少失点で切り抜けた。

 徐々に本領発揮。味方が1点を勝ち越した直後の三回、1死。第1打席で四球を与えた鈴木に対しては1ボールから144キロの直球でファウルを打たせ、3球目の144キロ直球で右飛に抑えた。球界を代表する打者を抑え、西川も左飛に打ち取った。

 「しっかりと指にかかった真っすぐはファウルが取れたし、後半は多少コースが甘くなっても、うまく空振りが奪えました。初対戦ということもありますが、自分の真っすぐはある程度通用したのかなと思います」。ストライク先行でテンポ良く打者を追い込み、四回には磯村、五回には菊池涼から三振を奪うなど、計4奪三振。徐々に調子を上げ、トータル84球。堂々の内容でデビュー戦を終え、栗山監督と握手をかわした。

 昨夏の全国高校野球選手権大会では秋田・金足農のエースとして、チームを秋田県勢103年ぶりとなる決勝進出に導き、準優勝に貢献。フィーバーを巻き起こした。大舞台での勝負強さをプロの世界でも示し、「一回、二回とピンチありながら最少失点でしのいで、三回以降はリズムよく投げられました」と、充実の表情を浮かべた。