<日本生命セ・パ交流戦:楽天7-4ヤクルト>◇12日◇楽天生命パーク

移籍後初登板初先発となった楽天熊原健人投手(25)が、3回1/3を4安打3四球2失点でマウンドを降りた。

1回に2四球などでいきなり背負った2死満塁のピンチを切り抜け、3回まで無失点も、4回に乱れた。ヤクルト村上に2ランを浴びて1点差に迫られると、無死一塁からバントの構えをする藤井にストライクが入らずストレートの四球。1死二、三塁となったところで久保の救援を仰いだ。

「3回までは低めに集めることができていましたが、ホームランの後ですね。四球が余計でした。今日出た課題をしっかりと修正して今後に生かしていきたいです」と汗をぬぐった。