◆日本生命セ・パ交流戦 楽天―ヤクルト(12日・楽天生命パーク)

 開幕直前にDeNAからトレード移籍した楽天・熊原健人投手(25)が移籍後初先発。3回まで1安打無失点と上々の立ち上がりを見せたが、3点リードの4回に村上に2ランを浴びると、急に制球を乱し、藤井にストレートの四球を与えるなど1死二、三塁のピンチを招き、マウンドを降りた。

 「3回までは低めに集めることができていましたが、ホームランの後ですね。フォアボールが余計でした。きょう出た課題をしっかりと修正して、今後に生かしていきたいです」と熊原。3回1/3で62球を投げ、4安打3四球3奪三振で2失点だった。