「交流戦、ソフトバンク-阪神」(12日、ヤフオクドーム)

 阪神が1点リードの六回、梅野隆太郎捕手の2点タイムリーでリードを広げた。

 この回、糸井、大山の連打で一、二塁。続く原口の三ゴロの間に、1死二、三塁と好機を広げた。ここで打席に梅野。四回に6号の逆転2ランを放った選手会長は、この打席でも粘りを見せる。最後はフルカウントから7球目、外角低めのチェンジアップに食らい付いた。

 バット一本で拾った打球は、鋭いゴロで三遊間を抜ける。二走・大山も一気にホームに生還し、2点タイムリーとなった。今季、梅野が本塁打を放った試合は5戦全勝中。昨季から数えると10連勝中と好データを誇る。

 1試合4打点は、サイクル安打を達成した4月9日のDeNA戦(甲子園)以来、今季2度目。地元凱旋で故郷に錦を飾っている。