<全日本大学野球選手権:東農大北海道オホーツク3-2大体大>◇2回戦◇12日◇神宮

東農大北海道オホーツク(北海道学生)の東北出身2投手が、好救援で3-2の逆転を導いた。

大体大(阪神)に2点を先制された2回1死1塁で登板した宮城・石巻市出身の岡田澄斗(2年=東北生活文化大高)がピンチを脱するなど3回2/3を無失点に封じ「初めての全国舞台でチェンジアップなどの変化球が良かった」。福島・喜多方市出身の伊藤茉央(1年=喜多方)も3回無安打無失点で「テンポよく投球が出来ました」と笑顔を見せた。