◆日本生命セ・パ交流戦 楽天―ヤクルト(12日・楽天生命)

 ヤクルト・村上宗隆内野手(19)が2試合ぶりの17号。63試合目で打点を50に乗せた。

 点差を3点に広げられた直後の4回。左前安打で出塁したバレンティンを一塁に置き、内角低めへの難しいカーブをすくい上げると、打球は右中間スタンドへ飛び込んだ。交流戦は3カード続けて本塁打をマークで、自己最長の7戦連続安打。「崩されることなく、しっかり自分のポイントで打つことができました」と会心の表情を浮かべた。