フェンシングの東京五輪ポイントレースに関わるアジア選手権(13日開幕・千葉ポートアリーナ)を翌日に控え、各種目の日本代表有力選手が12日、会場で会見した。現在世界ランク2位の男子エペのエース、見延和靖(31)=NEXUS=は「個人、団体で金メダルを取りたい」と、力強く2冠を宣言した。

 今季は日本人初のGP大会2勝の快挙を成し遂げるなど、充実著しい。「経験値がものをいっているかな」。5月の遠征から帰国後は風邪をひき、体調を崩したが「緊張はしていない。エペは一番分かりやすい種目だと思うし、皆にみてもらえる喜びを感じている」と、日本の“顔”としての自覚を漂わせた。

 五輪枠を争うライバルの韓国、中国と激突する今大会と、7月の世界選手権(ブダペスト)の結果次第では年間王者、世界ランク1位の座も見えてくる。「W敗で初めて勝った時から世界ランク1位は目標として見ていた。結構近い位置にいると思う」。五輪、そして世界の頂を見据え、日本のエース剣士がアジアを制圧する。