巨人の育成1位ルーキー・山下航汰外野手(18)が12日、「スカパー! ファーム月間MVP賞」の5月度打者部門に選出された。

 5月は出場した19試合中17試合で安打を放ち、11試合でマルチ安打を記録。安打数31、打率3割7分8厘はリーグトップ。出塁率4割7厘、長打率5割1分2厘もリーグ3位の成績で、1年目ながら持ち味の打撃でチームに貢献した。

 山下航は「まだまだですよ。詰まった当たりが野手の間に落ちたりラッキーなヒットもあった」と謙遜したが、悲願の支配下契約へ向けて弾みをつけた。表彰式は16日のイースタン・西武戦(G球場)の試合前に行われる。