◆報知新聞社後援 第68回全日本大学野球選手権大会第3日 ▽2回戦 佛教大4―1愛知工大(12日・東京D)

 佛教大(京滋大学)が、愛知工大(愛知大学)を破り、28年ぶりのベスト8進出を決めた。

 佛教大は初回、木岡大地中堅手(2年)の2点二塁打で先制。3回に坪倉斗真捕手(4年)の左前タイムリー、5回に石井太尊一塁手(4年)の左越えソロで1点ずつを加えた。投げては、中山塁(4年)が1失点で完投した。

 中山塁は今春、本格的にベンチに入ったばかりで4勝を挙げた。「落ち着いて投球ができた。人間的にも成長できた」と、喜びをかみしめた。

 田原完行監督(さだゆき、59)は「結果がこうなったので驚いています。(ベスト8は)恐れ多い」と謙遜。中山塁については「案外、荒れていた。かえって向こうの打線を惑わせていた」と評した。