<全日本大学野球選手権:佛教大4-1愛知工大>◇12日◇2回戦◇東京ドーム

愛知工大は9安打したものの、1得点のみ。91年にロッテで首位打者に輝いた平井光親監督(52)は「完敗ですね」と言うしかなかった。

7回まで毎回、安打で出塁。「常にリードされている展開だったので」(平井監督)と送りバントのサインは出さなかったが、盗塁死やけん制死などで、2本の二塁打以外では1度も二塁を踏めなかった。「内野安打ばかり。完全に芯を外されました」と相手の投球術に苦戦した試合を振り返った。

17年に監督就任し、今大会では初の全国1勝も挙げた。「生徒たちはいい経験ができたと思います。でも神宮に行きたかったですね」。勝って8強入りすれば、準々決勝以降は大学野球の聖地・神宮での試合だっただけに、少し悔しそうだった。