巨人のエースとして、在籍19年で6度のリーグ制覇・3度の日本一に大きく貢献した「平成の大エース」斉藤雅樹さん。2019年シーズンは解説者として、さまざまなチームを見ている斉藤さんに、巨人・菅野が不在の中での戦い方、原監督の采配、投手陣について伺いました。

 絶対的エース巨人・菅野は、5月に腰の違和感を訴えて離脱している。


大黒柱・菅野の代わりを探そうとするな


―開幕から2ヶ月、2019年の巨人はどうですか?

斉藤:いいスタートを切ったと思う。先発も打つ方も良かった。最初から懸念していたのは、中継ぎ以降の投手陣。4月の勝ち方は、前半で打って、中盤は点差があるラクな状態で投げられていた。2019年シーズンは、そういう勝ち方を目指した方が良いと思っていましたね。でも、5月に入ると先発陣の調子が落ちてきて、さらに菅野が抜けて、チーム状態としてはどん底ですよね。

―巨人は、菅野が不在の中で、どう戦うべきだと思いますか?

斉藤:菅野のという大黒柱の代わりを見つけようとしてはダメ。そんなピッチャーはいないですから。みんなで、やっていくしかない。頑張ってほしいと思っているのは、畠、今村ですね。そして、田口。ヤングマンも抜けたので、これから2~3人は1軍にあがることになると思うので、結果を残してほしいですね。

・合わせて読みたい→
元巨人・斉藤雅樹さん「当時、MLBからオファーがあったら?」の問いに…?伝説の決戦「10.8」登板の真実とは?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/masakisaito-serialization-03/)

―打撃陣で言えば、ビヤヌエバとゲレーロが同時に二軍落ちしていますが。

斉藤:こういった過激なことができる原監督は、さすがだと思いますね。今は、ふたりとも戻ってきていますが、普通なかなか落とせない。調子が悪くても一軍に置いておこうとするけど。これで、彼らも危機感を持ったと思いますよ、『打たなければ、すぐに二軍だ』って。そして、チーム全体に、調子が悪ければ二軍落ち、調整に入ることになるって知らしめたんだと思いますね。

―坂本や岡本はどうですか?

斉藤:今年の巨人は、2番 坂本、3番 丸、4番 岡本が打たないと、点数は入らない。下位でチャンスを作った時の点の入り方は、すごい。すごい破壊力ですからね。こういう戦い方、点を取って、中継ぎ陣にラクな状態で投げさせてあげるというのが、今年の勝ちパターンになると思いますね。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]