「交流戦、西武4-0巨人」(11日、メットライフドーム)

 粘りの投球を見せていた巨人・今村が、六回の失投を反省した。初回に味方の失策がからみ先制点を献上。

 その後は追加点を許さず好投を続けたが、六回無死一、二塁。西武・中村に高めに浮いたフォークを打たれ、適時二塁打を浴びるなど3点を失い降板。「同じミスを繰り返している。反省したい」と唇をかんだ。