<日本生命セ・パ交流戦:ソフトバンク2-2阪神>◇11日◇ヤフオクドーム

ソフトバンク今宮健太内野手(27)が9回2死から同点適時打を放ち、延長へ持ち込んだ。

1点を追う2死二塁から左前へ。飛び込む左翼福留のグラブの手前で落ちた。左太もも裏の張りのため、この日は4試合ぶりのスタメンだった。「詰まったけどいいところに落ちてくれた。結果的に負けなかったことはいいこと」と延長12回引き分けをプラスにとらえた。

9回の適時打後、代走と交代したが、首脳陣は本来ならこの日も終盤で早めに交代させる予定だった。「遊撃手は出続けないといけないポジション。(左足太もも裏の状態については)野球はやれます」と、責任感の強さを見せた。