「交流戦、日本ハム5-4広島」(11日、札幌ドーム)

 広島・遠藤淳志投手が4番手として登板。2回1安打で、プロ初登板から2試合連続無失点をマークした。

 マウンドに上がった2-5の六回は三者凡退。続く七回は先頭の大田に中越えの二塁打を許し無死二塁となった。だが近藤を二ゴロ、中田には三ゴロ、最後は王柏融を左飛で、中軸を封じた。

 直球主体で勝負し「投球練習から投げ切れていて、調子もいい感じと思っていた。中田さんへの外角低めも決まって良かった」と話した。