<日本生命セ・パ交流戦:楽天3-1ヤクルト>◇11日◇ヨーク開成山スタジアム

ヤクルトは楽天塩見貴洋投手を打ち崩せなかった。ドラフト2位中山翔太外野手をプロ初のスタメンで起用したが、走者を置いた場面で3回凡退。

中山は「そう簡単にいかなかった」と悔しがった。7回まで5安打に抑えられ、打線がつながらず。小川淳司監督は「(塩見は)キレもコースも良かったのかと思う。振りにいけなかった。崩すことができなかった」と振り返った。