「交流戦、西武4-0巨人」(11日、メットライフドーム)

 巨人は打線が今季最少の3安打と沈黙。好機で一本出ず、開幕戦以来となる2度目の完封負けを喫した。ただ、試合後の原辰徳監督は「そういうこともありますね…」と、水ものの打線については多くを語らなかった。

 一方で大事な6連戦の初戦を託し、6回9安打4失点で初黒星を喫した先発・今村には、あえて注文をつけた。六回は先頭の山川、森の連打からピンチを招き、3失点。「先発ピッチャーの責任イニング。今日はピッチャーを責めることはできないんだけど、あの場面でしょうね。2球でノーアウト一、二塁にしたのは反省することもあるでしょうね。厳しいかもしれないけどね」と振り返った。