6月11日、メットライフドームで行われた埼玉西武と巨人の「日本生命セ・パ交流戦」初戦は、4対0で埼玉西武が完封勝利を飾った。

 埼玉西武の先発・佐野泰雄投手は、今季初先発ながら3者凡退に抑える完璧な立ち上がりを見せる。するとその裏、打線が先制に成功。2死1塁の場面で、山川穂高選手が中安打を放つと、相手の守備が乱れている間に一走が生還し、1対0とする。

 佐野投手は、4回1安打無失点で降板。今井達也投手に代わり、急きょ先発としてマウンドに上がる形となったが、「先発という変な意識を持たず、ロングリリーフという気持ちで」しっかりと役割を果たした。

 その後はロングリリーフでつないだ埼玉西武。投手陣の力投に応えたい打線は、6回裏に追加点を奪う。連続ヒットで無死1,2塁の場面を迎えると、中村剛也選手がフェンス直撃の適時二塁打を放ち、3連打で1点を追加。さらに続くチャンスで、メヒア選手が詰まりながらも左前適時打を放ち、4対0とリードを広げた。

 5回表から2番手として登板したマーティン投手は、5回、6回と無失点に抑え、迎えた7回表には1死2,3塁のピンチを招く。しかし後続の打者を2者連続三振に仕留め、3イニングを1安打無失点と、ロングリリーフとしての役割を全うした。

 4点リードの8回表は、3番手・平井克典投手がマウンドへ。2死から得点圏に走者を背負うものの、後続を打ち取り得点を許さない。そして9回表は、増田達至投手が巨人打線を3者凡退に封じ込めて試合終了。

 4対0で勝利した埼玉西武は、今井投手が先発を回避するアクシデントに見舞われながら、佐野投手、マーティン投手、平井投手、増田投手の救援陣が圧巻の完封リレー。打っては、11安打4得点と投打が噛み合った。 文・小川和弥