6月11日、郡山で行われた楽天と東京ヤクルトのカード初戦は、3対1で楽天が勝利。接戦を制し、交流戦本拠地6連戦の初戦を勝利で飾った。

 先手を取ったのは楽天だった。3回裏、東京ヤクルトの先発・原樹理投手に対して、茂木栄五郎選手、浅村栄斗選手の安打で2死2,3塁とチャンスを演出。ここで、4番・ブラッシュ選手が「厳しいところだったけど、上手く打つことができた」との言葉通り、内角高めのシュートを捉える見事な適時打を放ち、2点を先制した。

 序盤から援護を受けた楽天の先発・塩見貴洋投手は、直球とスライダー、フォークを組み合わせながら、東京ヤクルト打線を幻惑。5回をわずか3安打、無失点に抑える完璧な投球を披露し、この好投を打線も後押しする。5回表に3者連続三振を奪った直後の裏、先頭の茂木選手が二塁打で出塁すると、続く島内宏明選手の犠打で進塁。そして続く浅村選手が適時打を放ち、リードを3点に広げた。

 塩見投手は、6回表に山田哲人選手の15号ソロで1点を失ったものの、以降は危なげのない投球で東京ヤクルトの追撃を阻止。7回を投げて被安打5、1失点と先発としての役割を十分に果たし、マウンドを降りた。

 継投策に入った楽天は、8回をブセニッツ投手がピンチを背負いながらも無失点で抑えると、9回は守護神・松井裕樹投手が3人で締めて試合終了。3対1で接戦を制し、カード初戦を勝利で飾った。 文・吉田貴