6月11日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと中日の「日本生命セ・パ交流戦」第1回戦は、1対2でオリックスが敗れた。先発・山本由伸投手が7回1失点と粘りの投球を見せるも、打線が援護できなかった。

 試合は静かに進んだ。まず2回表、オリックスの先発・山本由伸投手は1死1,2塁のピンチを招くと、藤井淳志選手に適時二塁打を浴び、先制を許してしまう。その後は、山本投手と中日・阿知羅拓馬投手が好投を見せ、6回表まで膠着状態が続いた。

 1点を追うオリックスは、6回裏に意地を見せる。2死から2番・中川圭太選手の三塁打や四球で満塁のチャンスを作ると、小島脩平選手が中日の2番手・谷元圭介選手から押し出しの四球を選び、同点に追い付いた。

 しかし8回表、オリックスの2番手・近藤大亮投手が四球や暴投などでピンチを背負うと、大島洋平選手に勝ち越し打を浴びてしまう。またも1点リードとされたオリックスは、3番手・ディクソン投手が9回表を3者凡退に抑えたが、1点差を詰められないまま試合終了。

 オリックスと中日の「日本生命セ・パ交流戦」初戦は、1対2でオリックスが敗れた。先発の山本由伸投手が粘投するも、打線がわずか3安打1得点と沈黙した。 文・粟盛優佳