「交流戦、ロッテ3-6DeNA」(11日、ZOZOマリンスタジアム)

 DeNA・神里和毅外野手が5号ソロを含む4安打の活躍で3連勝に貢献した。

 サイクル安打まで“あと一歩”だった。トップバッターの神里は初回から躍動。二塁打、本塁打、安打と3打席連続安打で迎えた六回の第4打席。左中間を真っ二つに破り、勢いよく二塁を蹴った。「最初止まろうと思ったんですけど、もたついている感じがして、それならいけるかと」。スタンドのボルテージは最高潮に上がったが、相手の素早い中継プレーもあり三塁でタッチアウトとなった。

 九回の最後チャンスも当たりは良かったが、左飛に打ち取られ、記録達成はならなかった。それでも9試合連続安打となる4安打で、打線を引っ張った。

 試合は2点リードの四回に、先発・浜口がロッテ・三木に逆転3ランを浴びる。しかし直後の五回に石川の適時打で追いつくと、宮崎が勝ち越しの犠飛。さらにはロペス、乙坂にも適時打が続き、リードを広げた。

 浜口は6回4安打3失点で3勝目(3敗)。守護神・山崎が11セーブ目。