◆オリックス1―2中日(11日・京セラドーム)

 中日は与田采配がズバリと的中し、交流戦2勝目を挙げた。

 8回2死から三ツ俣が四球を選ぶと、続く大島の2球目にオリックス・近藤の暴投で二塁に進んだ。ここで与田監督は代走の亀沢を告げ、勝負手を打った。大島はフルカウントから外角直球をとらえ、右前安打。右翼・小田からノーバウンドのストライク返球が届いたものの、二塁走者の亀沢が捕手・若月のタッチをかいくぐりセーフ。オリックス・西村監督のリクエストの要求も判定は覆らず、勝ち越しに成功した。

 決勝打の大島は「二塁に走者が進んだので、ヒットでかえせたらと思っていた。少し詰まりましたけど、いいところに飛んでくれました」と振り返った。