◆オリックス―中日(11日・京セラドーム大阪)

 中日が勝負どころで同点に追いつかれ、阿知羅拓馬投手(26)のプロ2勝目はお預けとなった。

 1―0とリードした6回、阿知羅は簡単に2死を奪ったが、中川に右中間への三塁打を浴びた。続く吉田正に3球連続ボールを投げたところで、ベンチが申告敬遠を選択。さらに2番手・谷元を告げた。だが、谷元はロメロを歩かせた後、小島にも痛恨の押し出し四球を出し、試合は振り出しに戻った。

 5回2/3を3安打1失点と好投した阿知羅だが、白星はつかず。「今日はフォークをしっかり低めに投げる、内角要求の球を厳しく投げるとか一球一球を意識して投げることができた。6回は何とか投げきりたかったのですが」と悔しさをにじませていた。