「交流戦、日本ハム-広島」(11日、札幌ドーム)

 広島・菊池保則投手が五回無死満塁で投入され、無失点で大ピンチを切り抜けた。

 広島は先発・野村が初回5失点で降板。二回からドラフト2位の島内がマウンドに上がり、無失点投球を続けていた。

 しかし4イニング目となる五回に捕まる。先頭の大田が遊撃田中の失策で出ると、近藤と中田に連続四球。無死満塁としたことろで菊池に交代を告げられた。

 大ピンチで登板した菊池は、迎えた王にファウルで粘られながらも7球目にフォークで空振り三振とする。続く渡辺を右飛に打ち取ると、最後は清宮をカウント2-2から144キロのストレートで空振り三振に仕留め、ガッツポーズが出た。

 3点を追う展開で、これ以上の失点は許されないマウンドで期待に応えた。