◆日本生命セ・パ交流戦 西武―巨人(11日・メットライフドーム)

 巨人の先発・今村は6回4失点で降板した。7回から沢村が登板した。

 初回、2死一塁で山川の中安打をセンター丸がファンブルし先取点を許した今村。4回、5回は2イニング連続で3者凡退に抑えたものの、6回に崩れた。無死一、二塁から中村の右越え適時二塁打で追加点を奪われると、なおも1死二、三塁でメヒアに左前2点適時打を許し、粘りきれなかった。

 打線は西武投手陣の前に沈黙。先発の佐野には4回1安打。2番手のマーティンにも3イニングで1安打と7回まで2安打に抑えられている。

 西武は当初、先発予定だった今井が発熱のため登板を回避。短いイニングの継投策”ブルペンデー”で佐野、マーティンとつないでいる。