<日本生命セ・パ交流戦:日本ハム-広島>◇11日◇札幌ドーム

広島鈴木誠也外野手(24)が1回に先制打を放った。2死一塁から日本ハム上沢の浮いた球を捉えると、遊撃中島が伸ばしたグラブの上を鋭く越え、左中間を転がった。

一塁走者菊池が一気に本塁生還。「点につながって良かったです。キク(菊池)さんがよく走ってくれました」。4番の3試合連続打点となるリーグトップ46打点目で、広島が幸先良く先制点を奪った。